古文で読む『源氏物語』感想28. 賢木 Ⅲ 〜 ギャーッ!!(バタン)

本日のあらすじ 弘徽殿大后が実験を握る内裏が居心地悪くなって里がちな藤壺のもとに、どういうトリックを使ったのか源氏が忍び込んでくる。結局二晩共に過ごすも、藤壺はストレスからすっかり体調不良に。このまま源氏の執心が治らなければ最悪2人の仲が知れ渡り、息子・春宮もその座を追われるかもしれない、と悩む藤壺は出家を考える。源氏は藤壺がとことん冷たいことにフテつつ落ち込み、伯父(亡き桐壺更衣の兄)が... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想27. 賢木 Ⅱ 〜ファミリーイケイケに関わらず幸せになれない朧月夜

本日のあらすじ 源氏の父・桐壺院が崩御。朱雀帝(弘徽殿大后の息子)に源氏の重用を遺言しておいたものの、気の弱い朱雀帝は源氏をよく思わない母や祖父・右大臣の言うなりに。中宮だった藤壺は里帰り。一方、弘徽殿大后の妹であり、御匣殿(みくしげどの。帝のそば近く仕える女官)だった朧月夜は尚侍(ないしのかみ)に昇進。帝の寵愛を受けながら、源氏との関係も続いていた。 1.桐壺院崩御で勢力図ぬりかえ... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想26. 賢木 Ⅰ 〜なれそめバッサリ、別れはじっくり

本日のあらすじ 六条御息所が娘斎宮に付き添って伊勢に移るのを前に、源氏は未練を断ち切れず面会を懇願。さんざん恥をかいてきた御息所はきっぱり関係を断ち切るつもりだったが、根負けして嵯峨野の野の宮で逢瀬。後日宮中での儀式の後、母娘は伊勢へ移った。 1.六条御息所、一旦退場 て言うかいつ登場したんでしたっけ?ってくらい、「六条わたり(辺り)」の呼び名でいつの間にか源氏との関係が始まっ... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想25. 葵 Ⅴ 〜 結婚を「めでたしめでたし」にしなかった紫式部

本日のあらすじ 源氏は左大臣邸から久しぶりに自邸二条院へ。美しく成長し、藤壺に瓜二つとなった紫の上と、当人の心の準備も整わぬうちに気の毒にと思いながらも関係を持ち、正式に結婚する。兄のように思っていた源氏がこんなつもりで自分の面倒を見ていたのか、そんな人に自分は懐いていたのかと、紫の上のショックは大きく、源氏を疎んじる。 1.これ辛い。家庭での性暴力と言えるのでは… 今までで一... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想24. 葵 Ⅳ 〜喪服の美男をとことん堪能

本日のあらすじ 亡くなった葵上を偲んで、源氏は葵上の兄頭中将、父左大臣と語り、母大宮と文を交わす。この期に普段は返事をくれない片思いの相手である従姉妹・朝顔の姫君とも文を交わし、父桐壺院を訪ねた後、藤壺にも謁見。 左大臣邸では葵上の死はもとより、婿であった源氏が去っていくことを舅姑も女房たちも悲しんでいた。産まれたばかりの葵上と源氏の若君は左大臣邸で育てられるため、源氏は決して縁が切... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想23. 葵 Ⅲ 〜 プロポーズされて断った相手の息子と恋仲に…

本日のあらすじ 源氏や左大臣が参内している間に、葵上はまた物の怪に憑かれ急死してしまう。葵上の美しさを見直していた源氏は悲しみに出家心まで起きるが、生まれたばかりの息子や自分が保護している紫の上のために思いとどまる。六条御息所は源氏の手紙のほのめかしから、自らが生霊となったことを源氏に知られたと悟り苦しむ。 1.妻が亡くなれば薄墨色 葵上が亡くなる日に、参内する源氏をいつになく... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想22. 葵 Ⅱ〜 六条御息所のトラウマ反応

本日のあらすじ 車争いの件以来、思い悩んで寝込みがちになった六条御息所。一方葵上にはしつこい物の怪が憑いており、霊験あらたかな高僧たちによっても正体が分からない。 御息所はこれまで恨んでもいなかった葵上を妬み恨む気持ちを自分でも抑えられず、夢の中で葵上とみられる女性を痛めつけていることに気づき、混乱する。 いよいよ産気づいた葵上の口を借りて、物の怪が語り出す。源氏に話があるとい... Read More |

古文で読む『源氏物語』感想21. 葵 Ⅰ 〜駐車場争い

本日のあらすじ 桐壺帝が退位し朱雀帝が即位。朱雀邸の母・弘徽殿女御が皇太后となる。源氏との間が疎遠になっていた六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)は、娘の斎宮と共に伊勢に移ることに。源氏の正妻・葵上は妊娠。葵祭のための御禊(ごけい)の日、斎院の行列を見物しようと牛車で出た葵上一行は六条御息所の車を見つけ、酒に酔った随身の若者たちが御息所の車をどかす騒ぎに。屈辱に耐えかねて涙を落とす御息... Read More |

[한국어 학습중 일본인 35] 주인 따위는 없어요! 일본어 ‘주인(主人)’=남편!?

이거! 이거 좀 봐~! 뭐야? 페미니즘 에세이 만화 “주인 따위는 없어요!”? 내가 그 동안 일본의 페미니즘 사이트 Love Piece Club 에서 연재한 만화야. 당연히 일본어로. 근데 이번에 한국어 버전도 올리게 됐지! 〈존경하는 한국 페미니스트 여러분으로부터 일본 페미니스트들은 큰 희망을 받고 왔습니다. 그 고마운 연대... Read More |